回転寿司といえば、スシローさんやかっぱ寿司、くら寿司なんかが有名。

でも、回転寿司発祥の店は別にあります。

元禄寿司
元禄寿司

回転寿司発祥の店といえば、東大阪市にある元禄寿司ってお店なんです。

意外と地元の人も知らないようですが、

中小企業の街・東大阪市にある元禄寿司というお店が

回転寿司発祥のお店なんです (・∀・)b

そもそも、カウンターで職人さんに握ってもらうお寿司を、

予め握っておいて、ベルトコンベアのような機械の上に載せて、

回しておく、なんて普通は考えられなかったと思います 🤔

… 今は当たり前のことですけどね 😋

大阪の回転寿司事情って、大手に偏っています。

要するに、一皿百円均一みたいな営業が中心。

ちなみに、元禄寿司も百二十円均一。

こちらの穴子も大きいですが、一皿百二十円なんです 😋

元禄寿司
元禄寿司 穴子 120円

結構なボリュームでしょう?

昔の元禄寿司は、お勘定の時にお客さんが枚数を数えて

自己申告していました (;゚Д゚)

こっちが心配していましたが、最近は店員さんが数えに来ます。

元禄寿司
元禄寿司 鯨ベーコン

コイツは鯨ベーコン。

元禄寿司
元禄寿司 松前漬

こちらは松前漬け。

数の子を漬けてあるんですなぁ 🤔

けっこう好き 😋

元禄寿司
元禄寿司 生エビ

けっこう立派な生エビも、二尾付いて百二十円也。

… 内容的にみて、かなりコスパ高いでしょう?

元禄寿司
元禄寿司 茶碗蒸し

茶碗蒸しも、出汁の味がしっかりしていて、

お魚のアラなんかが入っていて、味わいが深いところも◎

赤貝もあるんです。・

しかも百二十円也。

かなりのお値打ち。

確かに、漁港近くのお寿司屋さんなんかにはかないませんけど、

大阪で一番コスパ高いんじゃ無いかなぁ 🤔

プロモーションとか下手なだけで、間違いなくお値打ちな筈。

元禄寿司 アワビ

元禄寿司の極め付けは、アワビが百二十円也。

アワビのコリコリ感が、百二十円で楽しめるのは嬉しいですよーーー 😋

あと、インドマグロの中トロが堪らんかった 😋

元禄寿司 インドマグロのトロ
元禄寿司 インドマグロのトロ

これは、1貫付けなんですが、それでも百二十円。

元禄寿司
元禄寿司

ね!

いい色合いでしょう?

実際に、かなりトロトロで美味しかったですよ 😋

間違いなく穴場。

(マップはこちら! → 元禄寿司の詳細・地図)

あと、地元の人が利用するのがお持ち帰り。

こんな風に、台が置いてあって、注文をセルフで書くわけです。

で、仕事帰りのお母さんがお家に持って帰る寸法。

元禄寿司には、下町ながらの情緒がこの辺にあったりします 🤔

今日も、ごちそうさまでしたーーー😋